[PR]城下町川越

腰の痛み(腰痛)とぎっくり腰

腰の痛み(腰痛)とぎっくり腰

腰の痛み(腰痛)とぎっくり腰

すぐ腰が痛くなる方、いますよね。

無理な姿勢を続けたりスポーツでも
腰を痛めることは多いのではないでしょうか。

ただ突然襲ってくる「ぎっくり腰」。

これは、経験したことのある者でないとあの辛さは分からないでしょうね。

では「ぎっくり腰」は病気なのでしょうか。

「ぎっくリ腰」とは、
症状を指している一般的な名称で、医学的な病名ではありません。

正式な病名は「急性腰痛症」と言われ、
診断結果としては、腰椎捻挫と診断されます。

では、「ぎっくリ腰」は、どのような時になるのでしょうか。
よく言われているタイミングとしては

・重いものを持ち上げようとした時。
・頭や顔を下げて中腰になった時。
・腰をひねって、何かをとろうとした時。
・何もしていないのに、朝起きたら突然痛み出した。


一般的には、このような時ぎっくり腰を起こしやすいと言われています。

これらのタイミングから見て
腰に負担をかけた姿勢や動作を行った時に「ぎっくリ腰」になりやすいのでないでしょうか。

もし「ぎっくリ腰」になってしまった場合、
まずは安静にして、様子を見てみましょう。

腰痛は、
炎症が原因の場合がほとんどなので、
患部をマッサージすることは避けてください。

痛みが引き動けるようになったら、
速やかに整形外科などの専門医の先生の診断を受けてください。

痛みが治まったからと言ってそのままにしておくと、いつ激痛が襲ってくるかもしれませんので、必ず専門医に相談しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ