[PR]城下町川越

腰の痛み(腰痛)と月経

腰の痛み(腰痛)と月経

腰の痛み(腰痛)と月経

月経と腰の痛みの関係で、月経困難症という言葉を一度や二度は聞かれたと思いますが、月経困難症とはいわゆる生理痛のことをさしています。

 

生理痛は、月経が始まると同時に下腹部や腰に痛みを感じる方も少なくありません。

 

腰痛、頭痛、発熱、嘔吐と人によっては様々な症状が出て症状の重さも様々です。

 

これらの月経困難症(生理痛)が起こると、ひどい人は、学校や会社を休まなければならないほどの症状に悩まされる方も少なくありません。

 

月経が終われば普通の状態に戻るので、軽い痛みですむ人は軽視しがちですが、痛みの原因によっては、子宮内膜症や子宮筋腫が疑われる場合もあるので少しでも痛みを感じる人は産婦人科の専門医に相談することをおススメします。

 

放って置くと不妊になる場合もあるので、痛みが少ないからと安心は禁物です。

 

子宮内膜症や子宮筋腫が原因で、月経困難症が発生していた場合、症状が軽ければ、痛み止めなどの服用で様子を見れば良いですが症状が重い場合はきちっと診察を受け治療に専念することです。

 

どのような病気でもそうですが、
早期発見、早期治療が最も効果的なのは言うまでもありません。

 

特に年齢を重ねるほど症状が重くなる人は、
直ちに専門医の診察を受けるようにしましょう。

 


★自分で出来るPMS改善法〜月経血コントロールヨガ〜

 


ホーム RSS購読 サイトマップ