[PR]城下町川越

腰の痛み(腰痛)と更年期障害

腰の痛み(腰痛)と更年期障害

腰の痛み(腰痛)と更年期障害

女性も50歳前後になると女性ホルモンのバランスの崩れから更年期障害になる人も増え、頭痛・腰痛・倦怠感などに悩まされ、また急激に汗をかいたりのぼせたりと言った症状が増えます。

 

更年期障害だと言ってしまえばそれまでですが、これらを防ぐ方法はあるのでしょうか。

 

更年期の初期に現れる症状としては、規則正しかった月経の周期が短くなったり月に2度もあったりと不規則になってきます。

 

この過程を経てやがては閉経を迎えることになってきます。

 

また肩こりや腰痛で普段から悩んでいた人は、
更年期に入るとよりその症状が重くなる場合があるそうです。

 

肩こりや腰痛の原因は女性ホルモンバランスの崩れや筋力の低下などいろいろ原因が考えられます。

 

肩こりや腰痛を軽減するには、
適度の運動、入浴時のマッサージ、寝る前のストレッチ等続ければ効果のあるものです。

 

ただ更年期障害は、
体の部分にあらわれるだけではなく、精神面にも影響を及ぼします。

 

例えば、
更年期障害で体に不調をきたすことで、
クヨクヨ考え過ぎ、欝になるケースも少なくありません。

 

体調、精神の両面を強くするためにも、
適度の運動や外出して人と接することで気持ちを常に上向きにすることも大切なことではないでしょうか。

 




ホーム RSS購読 サイトマップ