[PR]城下町川越

腰の痛み(腰痛)と骨粗鬆症

腰の痛み(腰痛)と骨粗鬆症

腰の痛み(腰痛)と骨粗鬆症

骨粗鬆症で骨折をして腰痛に悩まされている方が増えているそうです。

 

骨粗鬆症とは、骨がもろくなる病気です。
症状が進むと骨密度の低下、骨量の減少、骨の変形などで、非常に骨折しやすくなります。

 

普通骨は古くなった骨を溶かして壊す細胞と新たに骨を作り出す細胞の二つの細胞のバランスが常に保たれています。

 

このバランスが崩れ新しい骨を作り出す働きが弱くなり、逆に古い骨を溶かす働きが増えることで骨の強度がどんどん低くなってきます。

 

骨粗鬆症が進むとちょっと転んだだけでも骨を折ったり、今まで普通に持ち上げていた重さのものを持ち上げた時
背骨を骨折したという例も増えています。

 

背骨の骨折によって
周囲の筋肉の低下で慢性の腰痛を引き起こすこともあるそうです。

 

骨粗鬆症は、カルシュウムの欠乏と女性ホルモンのバランスの崩れからなる
女性の多くに見られる病気の一つです。

 

閉経後の60代の女性の約50%、
70代女性の約60%が、
骨粗鬆症になっていると言われています。

 

骨粗鬆症の予防策としては、
カルシュウムの補給ですが、単にカルシュウムを多くとっても効果はありません。

 

カルシュウムを取る場合、
カルシュウムの吸収を助けるビタミンDの助けが必要です。

 

ビタミンDの含有量の多い食物は、
乾燥きくらげ、あんこうのきも、いわしの丸干しなどです。

 

これらとカルシュウムの多い干しエビ、煮干し、ひじき、ごま等をバランスよくとることで骨粗鬆症は防げるそうです。

 

ただ、喫煙者は、カルシュウムの吸収を妨げますのでご注意願います。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ