[PR]城下町川越

腰の痛み(腰痛)と坐骨神経痛

腰の痛み(腰痛)と坐骨神経痛

腰の痛み(腰痛)と坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、腰椎から足の先に向かって
通っている体内でも一番大きな神経である坐骨神経が刺激や圧迫を受けしびれや痛みを発するのが坐骨神経痛です。

 

痛みが感じる部分は、足の裏からふくらはぎ、太ももからお尻の部分と様々です。

 

麻痺やしびれは、軽度の場合は、まだいいのですが重度になると歩くことにも支障をきたすこともあります。

 

坐骨神経痛の原因は、腰椎の椎間板ヘルニアからなる場合がほとんどです。

 

ただ中には、
腰椎に腫瘍ができたり前立腺がんが原因でなる場合があるので痛みやしびれが強い場合は、専門医の診断を早めに受けることです。

 

痛みを和らげるには、普通非ステロイド性の消炎鎮痛剤が適しています。

 

あまりに強い痛みに対しては、
ブロック注射といって神経に局所麻酔を注射する治療を行います。

 

中には手術が必要な場合が、あるので坐骨神経痛も軽くみてはいけません。

 

坐骨神経痛の予防として、重い荷物を持ち上げる時は慎重にし長い時間、中腰で作業したり、同じ姿勢で作業し続けることを避けることです。

 

あとは、坐骨神経痛に限らずどのような場合でも、規則正しい生活、バランスのとれた食事、適度な運動、これらは基本です。


ホーム RSS購読 サイトマップ