[PR]城下町川越

腰の痛み(腰痛)と子宮内膜症

腰の痛み(腰痛)と子宮内膜症

腰の痛み(腰痛)と子宮内膜症

女性に限定されますが、腰の痛みから考えられる病気に子宮内膜症が疑われる場合があります。

 

子宮内膜症という病気は、どのようなものかと言いますと、子宮の内側で増殖と剥離出血を繰り返すはずの子宮内膜が、子宮以外の卵巣や腹膜といった別の場所で増殖と剥離出血を繰り返す病気のことを言います。

 

通常子宮の内側から剥離した子宮内膜は、月経血として体外に排出されます。
しかし、子宮以外の場所で剥離した膜は体内に留まることとなり、炎症や痛みの原因となり腰痛などを発症する場合があります。

 

最近女性の間で増加傾向にある病気の一つに子宮内膜症があげられます。

 

原因は、いろいろ考えられますが、
特に最近の女性の多くは、月経回数が増加しているようです。

 

生活習慣などの変化で閉経の年齢は変わらないのですが初経年齢が早くなり、かつ出産経験のない女性も増えているため女性が一生のうちで経験する月経回数も必然的に増えているからです。

 

月経回数が増えれば増えるほど子宮内膜症を発症する確率が高くなるのは、子宮内膜症という病気が子宮内膜が増殖と剥離出血を繰り返すことで発症する病気だからです。

 

子宮内膜症自体は、自覚症状がない場合も多く、良性の病気で診断方法も超音波などで簡単に診断できるので、腰に違和感や痛みが継続する場合は、早めに専門医の診断を受けるようにすることをオススメします。

◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ