[PR]城下町川越

腰の痛み(腰痛)と腎盂腎炎

腰の痛み(腰痛)と腎盂腎炎

腰の痛み(腰痛)と腎盂腎炎

腰に違和感や痛みを感じる症状の病気に腎盂腎炎があります。

 

腎盂腎炎は、細菌感染で起こる病気です。
ただ健康体の人の場合、腎臓が細菌に感染することは少ないです。

 

腎盂腎炎を引き起こす細菌は、主に大腸菌、腸内球菌、ブドウ球菌などです。

 

中でも、腎盂腎炎を引き起こす細菌は、大腸菌です。

 

大腸菌は、肛門やその周囲の細菌が体内に侵入し、尿道や血管、リンパ管を通して感染する場合が殆んどです。

 

腎盂腎炎は女性に多い病気の一つにあげられます。

 

女性の方が肛門と尿道口との距離が近く、
細菌感染を起こしやすいというのも理由の一つです。

 

ただ男性でも高齢者になると、
排尿障害を起こしやすく前立腺肥大・尿路結石・痛風など、泌尿器系の病気にかかる割合が増えてきます。

 

男性でも、これらの持病をお持ちの方は、
細菌感染症にかかり易いので注意が必要です。

 

腎盂腎炎になると微熱が出てダルさを感じるようになります。ただ慢性の場合は、なかなか気づきにくく自覚症状もないので困ります。

 

急性の場合でも、
風邪の症状とよく似ているので、知らずに放置する場合も少なくありません。

 

また症状には、排尿時に痛みや残尿感を感じ、排尿回数も普段の数倍と多くなり膀胱炎のような症状が現れることも少なくありません。

 

感染している細菌に効果のある抗生物質の投与で殆んど治療は可能ですが、急性の場合は、即入院となるでしょう。

 

あと気を付けるのは、尿の濃度が濃くなると細菌に感染しやすくなるので、少し多めに水分の補給をすることも大切です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ