[PR]城下町川越

腰の痛み(腰痛)と脊椎カリエス

腰の痛み(腰痛)と脊椎カリエス

腰の痛み(腰痛)と脊椎カリエス

脊椎カリエスは、別名結核性脊椎炎といわれ肺から血液を介して結核菌が脊椎に転移して結核菌が脊髄を破壊して強い痛みが生じる病気です。

 

症状は、腰の痛みから始まります。
まず発熱がおこり徐々に腰の痛みが強くなり、安静にしていても腰の痛みが発するようになります。

 

症状が悪化すると下半身に麻痺がおこり排尿や排便に支障をきたします。

 

脊椎カリエスは、結核患者はもちろん以前結核にかかったことのある人もこの病気にかかる可能性が高いので注意が必要です。

 

結核菌が原因でおこる脊椎カリエスも
抵抗力が低下すると再発するため高齢者の方に増えている病気の一つです。

 

また免疫力の低下により発症する確率も増えるので、ステロイドを常用している方や人工透析患者は特に注意が必要です。

 

症状が進むと脊髄が破壊されてしまい、
背骨が曲がって形成される場合もあるので治療方法としては抗結核剤などの結核の治療を中心に行い、手術で病巣を取り除いたり、骨の移植手術を行う場合もあります。

 

どの病気も同じですが免疫力、抵抗力の低下を防ぐ工夫が大切ですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ