[PR]城下町川越

腰痛の治し方!

腰の痛み(腰痛)と脊椎分離症

腰の痛み(腰痛)と脊椎分離症

脊椎分離症は、腰痛の中でも若年層で激しいスポーツを行っている人に多く見られるものです。

 

第四腰椎と第五腰椎にあたりに発症する率が高く、脊椎にある椎弓の最も細くなっている部分が分離する症状です。

 

脊椎分離症が若年層に多いのは、成長期途中でまだ骨が十分発育していない状態で過度なスポーツ等で負担を掛け続けていくことで骨が分離していくためにおこるのが脊椎分離症です。

 

ただ分離症状態では自覚症状も少なく痛みも出ない場合が殆んどです。

 

しかし放っておくと分離した場所に負担がかかり周辺のじん帯や筋肉にも負担がかかり痛みも徐々に増えてきます。

 

また、腰を反らせた場合や横に曲げたりした場合に、腰の痛みを訴えるケースもあります。

 

スポーツをしている若者が腰の痛みを訴えるような場合は、殆どがこの脊椎分離症の場合が多く放っておくと分離すべり症や椎間板ヘルニアになる確率が高く症状も悪化するので早めに専門医に相談することをお勧めします。

 

脊椎分離症と診断されたら、まず安静が第一です。
安静にしていることで分離した骨も徐々につながり痛みも和らいでくるからです。

 

ただ腰の痛みがひどくなってきたら、
コルセットで腰を固定したり、ブロック注射などで痛みを和らげる処方がされます。

 

脊椎分離症は、まずは安静です。

 

そして早めに専門医の診断を受け治療に専念することではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ