[PR]城下町川越

漢方で治す腰痛(腰の痛み)

漢方で治す腰痛(腰の痛み)

漢方で治す腰痛(腰の痛み)

腰痛(腰の痛み)の軽減に用いられる薬として消炎鎮痛剤や筋肉弛緩剤などの内服薬や外用薬ですが、長期使用するとやはり効果も薄れ胃腸などに支障をきたす場合があります。

 

そのような時に用いられるのが漢方による治療です。

 

腰痛の漢方治療で最もよく用いられているのが「芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)」です。

 

この漢方薬は、芍薬という生薬と甘草という生薬から作られており、どちらの生薬にも痛みを緩和する作用があります。

 

芍薬甘草湯は、
薬局でも簡単に手に入る市販品もありますが、副作用等のリスクを考えると専門の漢方医による処方をお勧めします。

 

芍薬甘草湯は腰痛の他にも、肩こりや生理痛などにも効果があります。

 

腰痛だけでなく足や腰の冷えに悩んでいる方なら八味地黄丸(ハチミジオウガン)がオススメです。

 

腰痛からくる坐骨神経痛に悩まされている方であれば疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)なども効果があります。

 

このように漢方薬の特長は、
腰痛(腰の痛み)そのものを和らげたり治すだけではなく冷えや高血圧を治し
体調そのものを改善する効果があるところです。

 

漢方は鎮痛剤や弛緩剤と違い、必ず効果があるという物ではありません。

 

漢方薬には相性があって、
使用する方によって効果が顕著に表れる場合もありますし、いくら飲み続けても効果がない方もいるのです。

 

薬だけに頼るのは漢方に限らず避けたほうが良いようですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ