[PR]城下町川越

腰の痛み(腰痛)と椎間板ヘルニア

腰の痛み(腰痛)と椎間板ヘルニア

腰の痛み(腰痛)と椎間板ヘルニア

腰を痛めた方なら殆んどの方がご存知でしょう。
椎間板ヘルニアという病気!

 

しかし腰を痛めたことのない方には初めて聞く病名かもしれません。

 

椎間板は背中の背骨を構成する一部で椎骨と椎骨の間にあり骨と骨のクッション的役割をする軟骨状のものです。

 

この椎間板は、周りの硬い部分(繊維輪)と中心の柔らかい部分(髄核)から成り立っています。

 

椎間板ヘルニアとは、
椎間板の中心の柔らかい部分(髄核)が周りの硬い部分(繊維輪)を突き破って、外に飛び出し、この飛び出した出っ張り部分が神経などを圧迫して刺激することにより、激痛や痺れを発症する病気です。

 

椎間板ヘルニアを発症する原因は

  • 腰に過度に負担をかける動作や行動をした場合
  • 椎間板や背骨自体の老化
  • 背骨や骨盤の歪みやズレ

などが主な原因だと言われています。

 

また

  • 腰から足先にかけて激痛(ほとんどは片側)がある
  • 立っていると辛くなる
  • 前かがみの姿勢が特に辛い

などの自覚症状があれば椎間板ヘルニアを疑ってみてください。

 

椎間板ヘルニアは数ヶ月で自然に吸収され痛みも軽くなる場合もありますが、甘く見るといけません。

 

放っておくと排尿障害や感覚障害にもなりかねません。

 

椎間板ヘルニアを予防するには、常日頃の姿勢に気をつけることです。

 

背筋をまっすぐ伸ばすことを心がけるだけでも腰への負担は軽減でき椎間板ヘルニアの予防には効果的なのです。

椎間板ヘルニアを手術なしで解消した方法とは!

腰痛!もしこのようなことで悩んでいるなら!

 


・「椎間板ヘルニア」、「すべり症」、と診断され,脚の付け根まで、
 痺れてしまっている。

・「坐骨神経痛」と言われ30分以上椅子に座ることが困難
・「脊柱管狭窄症」と診断され、休み、休みでないと、歩くことが出来ない。

 

また

 

・様々な「腰痛治療」、「体操」、「ベルト」、「ストレッチ」、「コルセット」を試してきたが、どれも効果が出なかった。

 

・ぎっくり腰を何度も、何度も繰り返してしまう。

 

・腰の痛みのせいで度々、夜も眠ることもできない。

 

・生活に支障をきたすほどの腰の激痛に悩まされている。

 

・薬を飲んでも一時的で根本的に効き目がない。

 

・毎日マッサージをしても腰の状態が変わらない、それどころか、「もみ返し」で症状がひどくなった経験がある。

 

・医者から手術を勧められている。

 

医者から「椎間板ヘルニア」と診断を受けて、

 

手術を進められていたNさん。

 

しかし1日15分〇〇をすることで、

 

手術をせずに腰痛を解消したその方法とは?

>>>無料動画はこちらから>>>



ホーム RSS購読 サイトマップ