[PR]城下町川越

腰の痛み(腰痛)と変形性腰椎症

腰の痛み(腰痛)と変形性腰椎症

腰の痛み(腰痛)と変形性腰椎症

変形性腰椎症とは、加齢による腰椎変化により腰痛を引き起こす病気です。
人は年齢を重ねるとあちこちに変化・異状が生じますが、特に骨の変形はいろいろな部位に痛みを生じます。

 

腰椎に変形が見られ、日常生活に支障をきたすような腰痛がある場合、ほぼ変形性腰椎症と診断されます。

 

加齢による腰痛は、レントゲン検査で骨の状態を見て、下半身に痺れなどの症状が無いようであれば、変形性腰椎症であることが多いようです。

 

軽い場合は、腰の痛み(腰痛)が、起床時に感じられ、通常の生活を行う内に徐々に軽減していくものです。

 

無理な姿勢や長時間同じ姿勢をしていると特に腰に負担がかかり腰痛を起こしやすくなります。

 

ただ加齢により骨が変形していても何も痛みを発しない人もいます。
このような場合は、普通の加齢現象だから痛みもなく心配いりません。

 

腰痛を発するのは、クッションの役目をする椎間板が減り椎間板と接している椎体が硬くなり骨が突起することで痛みを発する場合もあります。

 

治療方法は、痛みが軽い場合は、しばらく安静にして様子を見てみましょう。

 

痛みが治まらず、強い痛みを発する場合は、
消炎鎮痛薬や筋緊張弛緩薬などを投与します。
又注射で痛みを抑える方法も一般的です。


ホーム RSS購読 サイトマップ