[PR]城下町川越

薬物で治す腰痛(腰の痛み)

薬物で治す腰痛(腰の痛み)

薬物で治す腰痛(腰の痛み)

腰痛の治療方法の中に薬による治療、薬物療法があります。

 

腰痛の薬物療法には、よく使われる方法として消炎鎮痛剤を使う方法と筋肉弛緩剤を使う方法があります。

 

消炎鎮痛剤は、炎症を抑える薬です。

 

通常痛みは炎症により発症する場合が少なくありません。
よって痛みを抑えるにはその炎症を抑えれば良いからです。

 

では消炎鎮痛剤の種類にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

消炎鎮痛剤の種類は、
代表的なものとして内服薬、座薬、湿布薬などがあります。

 

中でも湿布薬は、
痛みのある部分を集中的に消炎・鎮痛効果があるので即効性があります。

 

筋肉弛緩剤は、
緊張している筋肉やけいれんを起こしてしまっている筋肉をほぐすことによって、痛みを緩和してくれる薬です。

 

ただこの薬は、胃腸機能障害を引き起こす副作用が見られる場合が多いので普通、胃腸薬と共に処方される場合が多いようです。

 

これ以外の薬物療法としては、ビタミン剤を使用する場合もあります。

 

ビタミンBには神経の働きを活発化させ、しびれを緩和させてくれる働きがあり、ビタミンEには血行を促進し、筋肉の緊張をほぐしてくれる働きがあるからです。

 

しかしこれらの薬物による治療は、あくまでも対処療法です。

 

痛みがおさまらない場合は、一度専門医に相談されることをお勧めします。


ホーム RSS購読 サイトマップ