[PR]城下町川越

神経ブロック療法で治す腰痛(腰の痛み)

神経ブロック療法で治す腰痛(腰の痛み)

神経ブロック療法で治す腰痛(腰の痛み)

腰痛にも色々な痛みがあり、
軽い痛みから日常生活に影響をおよぼすものまで様々です。

 

軽い腰痛なら我慢もできますが、激しい痛みになると耐えるのも大変です。

 

普通激しい痛みの腰痛には
消炎鎮痛剤や筋肉弛緩剤などを使用して痛みを緩和する治療が行われますが、
それでも痛みがおさまらない場合神経ブロック療法という治療法が行われます。

 

神経ブロック療法にも何種類かの方法がありますが、
一般的によく使われる方法が硬膜外ブロック療法と神経根ブロック療法です。

 

一番多く用いられている療法は「硬膜外ブロック療法」です。

「硬膜外ブロック療法」は

脊髄の外側にあり、神経を包んでいる硬膜の外側に、麻酔薬とステロイド剤を混ぜた物を注入する方法です。

 

「神経根ブロック療法」は

レントゲンを見ながら、炎症を起こし、痛みを発生させている神経根部分に直接注入を行う方法です。

 

どちらの療法も即効性があり痛みがすぐ緩和されたと効果はかなり期待できるものです。

 

ただこれらの療法も個人差があり
何度ブロック療法を行なっても効果が出ない人もいます。

 

この療法の良いところは、体に悪い薬は使用されていない上、注射を打ってから数時間後にはその薬は体外に排出されるので副作用が殆ど無いということです。

 

強い腰痛で苦しんでいる方には直接痛みのある部分を治療することができ、何度行なっても副作用も殆ど無いのでお勧めかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ